和風ウェディングのお色直し

繊細な見た目も美しい婚礼衣装

上品で清らかな花嫁にぴったりの白無垢や、元は武家の婚礼衣装だったこともあってどことなく凛とした雰囲気を感じさせる引き振袖が、和風のウエディングの時の挙式用の衣装としてよく用いられます。白無垢はどれも同じように見えますが、刺しゅうや生地などで微妙な違いを出しているので、これらの要素も重視して選ぶのがコツです。披露宴で行われる演出の一つにお色直しというものがありますが、花嫁がどのような衣装を選ぶかでゲストの結婚式に対する印象が大きく変わります。和装でお色直し用の衣装と言えば、色打掛が定番です。カラーバリエーションも豊富で、刺しゅうのデザインも色々なものがあるので、式場との相性も考えながらどれがいいか決めましょう。

自分にぴったりの色打掛の見つけ方

お色直し用の色打掛を探そうとしても、普段着物とは縁のない生活をしている人が大半ですから、どのようなポイントに注目して選べばいいのかわからないと感じてしまうのではないでしょうか。披露宴の演出としてのお色直しを成功させるためにも、色打掛選びには最善を尽くしたいものです。色打掛は購入することもできますが、安く済ませることのできるレンタルが主流となっています。確かに色打掛を買っても実際に着る機会は限定されているので、レンタルの方が合理的かもしれません。柄を効果的に見せたいなら、全身の中でも目立ちやすい背中や襟元などに着目して選ぶのがコツです。生地は織物や染物などがあります。柄を立体的に見せたいなら刺しゅうが施されているものが最適です。