和風ウェディングプラン

自分で考えてもプロに任せてもどちらでも大丈夫

結婚式と言えばチャペルウエディングの人気が依然として高いですが、日本人ならではの結婚式をしたい人や、親御さんや年配のゲストが安心感を持てるような結婚式がいいと考えている人たちの間で、今脚光を浴びているのが和風ウエディングです。神社で三々九度などをするスタイルを連想する人が多いかもしれませんが、今は正統派の神社挙式の他にも新しい発想で作り出せる和風人前式なども登場しています。和風のレストランウエディングを料亭でやることも可能です。それぞれ異なっている和風ウエディングごとに、特徴のある演出やプランを用意してみましょう。一から自分たちで決めるのもいいですし、ブライダルプロデュース会社に任せる方法もあります。

シンプルにしたい人も和風の雰囲気を重視したい人も

専門式場やホテルで和風ウエディングを行う場合は、式場内に設置されている神殿か提携している神社が会場になります。雅楽が奏でられる中で、神官や巫女が挙式の進行やサポート役を担うので、新郎新婦は彼らの指示に従っておけば失敗することはありません。これ以外にも多種多様な和風ウエディングがあり、低予算で最小限の結婚式にしたい人向けのフォトウエディングプランや、昔の人たちが行っていた祝言を再現したものなどが用意されています。フォトウエディングは両親などごく少数の人たちだけで、和風の結婚式を再現した写真撮影をした後に、新郎新婦と両家の親族で食事会をするという流れのものが多いです。祝言プランは和風のゲストハウスや料亭などで行います。